忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/13 (Wed)
人を寄せ付けない険しい山々、海岸線の急峻な絶壁。
そんな環境が、広大な湿地帯の動植物を守り育てている。
いてつく寒さも人をはねつける。

自然を汚す人々へのバリアーはほかにもある。
あまりにも荘厳な景観そのものが侵し難い威厳を放っている。

自然と人間のせめぎあいは果てしなく続くかもしれない。
世界遺産を見たいと大勢の観光客が押し寄せるからである。
確かに自然を損なわなければ、観光客は歓迎されるべきである。

でも境界線だけは守ってほしい。
そこにいるヒグマには近づかないでほしい。
動植物たちの存在権利を侵さないでほしい。
静かにその景観に佇んで自然の偉大な造詣を楽しんでほしい。

拍手[0回]

PR
2011/07/05 (Tue) 世界遺産
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]